薬物での治療【深刻な病気も解決ドクター】

Medicine

積極的な治療

骨粗鬆症による高齢者の骨折が増加

骨粗鬆症は、現在特に増えている病気の一つです。最近は骨粗鬆症による高齢者の圧迫骨折が増えており、大きな社会問題ともなっているのです。このような問題を解決するために、昨今では自治体や国が一丸となって骨粗鬆症への対策を講じるようになりました。健康診断においても骨密度を調べる骨粗鬆症の検査が行なわれるようになり、無症状のうちに病気の兆候を発見することが推奨されてきたのです。高齢者の場合には、骨折を起こすと一般的に長期的な治療が必要になります。寝たきり状態となってしまう可能性もあり、特に注意が必要とされてきたのです。現在では骨粗鬆症は薬や食事、運動などによってある程度改善していくことが出来るとされています。

生活習慣の見直しも治療の重要なテーマとなる

骨粗鬆症は、加齢と共に増加していく傾向があります。女性ホルモンとの関係も指摘されており、ホルモンの量が減少する閉経後には特に骨粗鬆症になりやすいとされているのです。骨粗鬆症の治療では主に薬が使用されます。体内のカルシウム濃度を増やす薬や骨の吸収を抑える薬などを用いて、骨粗鬆症の症状を治療していく訳です。このような骨粗鬆症の治療で、最近注目され始めているのが普段の食生活です。骨の形成に欠かせないカルシウムやビタミンなどを日頃から摂取していることが病気を予防するためにも必要とされています。こうした意識は、現在徐々に高まっており今後は生活面を見直すことで骨を丈夫にしていく試みがされていくと予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加