薬物での治療【深刻な病気も解決ドクター】

Medicine

より正確に調べるため

危険因子の高い人は検査を

日本人の三大死因である一つに心臓病があります。心臓病は突然死をまねくとても怖い病気です。なかでも心筋梗塞は強烈な痛みを伴い呼吸困難になり死にいたる可能性が高い病気です。治療法は日々進歩していますが、心臓病にならないことを気をつけるべきです。 病気は早期発見早期治療が大事です。それができれば治療も簡単で完治することも可能です。それには人間ドックなど毎年定期健診を受けておく必要があります。そのなかでもより専門的に検査を受けることができるものもあります。 その一つに心臓ドックがあります。普通の検診では分かりにくいものをより細かく検査をすることで心臓病を予防することができます。高血圧や肥満の人など危険因子が高い人は心臓ドックをおすすめします。

楽な方法もある心臓ドック

心臓ドックは一般的な血液検査やレントゲンや短時間の心電図では分かりにくいものを、より正確に検査をすることができます。心臓ドックで心臓のMRIやCTを撮ることによって心臓の形や動きに異常がないかを検査することができます。また冠動脈に動脈硬化が起こっていないかもはっきりと分かることができます。心臓ドックも進歩していて身体に負担がある造影剤を使用しない方法もあるので、苦痛や不安を取り除くことができます。 心臓病になる危険因子が高い人や家族に心臓病の人がいる場合は、一度心臓ドックを受けておくことをおすすめします。心臓ドックで生活習慣を改善して、心臓病にならないように心がけることが健康で長生きする秘訣でもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加