薬物での治療【深刻な病気も解決ドクター】

Medicine

検査を受けよう

大腸内視鏡検査は大腸癌などの確定診断に用いられる

大腸内視鏡検査は、先端に光源を持ち内部を観察かつ撮影できるビデオカメラや組織片を採取できる鉗子を内臓した内視鏡と呼ばれるチューブ状の機器を用いて大腸を調べる検査法です。 大腸内視鏡検査は、大腸の炎症・潰瘍・良性腫瘍であるポリープ・悪性腫瘍である大腸癌などを発見し確定診断するため、直腸からの出血・色が黒いタール便・長期間の腹痛・慢性の下痢や便秘・出血による鉄欠乏性貧血・原因不明の体重減少などの原因を精査するため、あるいは検便で潜血反応が陽性の場合や注腸バリウムX線検査で異常が見られたときの精密診断にもおこなわれます。大腸内視鏡検査中に必要があれば、異常な部位の組織片を取る生検や小さな良性腫瘍の摘除もおこなうことができます。

検査では大腸内が空になっていることが必要

大腸内視鏡検査の前に、大腸内をきれいにする必要があります。そのために検査日の数日前から消化しやすい検査食を摂り、前日の夜から絶食にします。日常服用している薬の中にもアスピリンや鉄剤など飲むのを止める必要があるものもあります。 大腸内視鏡検査当日は下剤を含む洗浄液を大量に飲みます。検査ではビデオ画面上で観察しながら内視鏡の先端が肛門から入れられ、空気で大腸をふくらませて直腸から盲腸までゆっくりと進められます。その後大腸内腔の表面が慎重に点検され写真が撮影されながら、内視鏡はゆっくりともどされます。異常が見つかった場合には、その部位の組織標本が収集されます。全ての観察と処置が終わった後、内視鏡は肛門から引き抜かれます。撮影された写真や生検標本が精査されて診断が確定されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加